臓器移植の普及啓発に積極的に取り組みます。

臓器移植法施行から20年が経ちました。私たちが当時目指した成果は、未だ実現されていません。

 

私たちは、患者団体、日本移植学会など関連医学会、移植関係団体と団体間の情報共有を図り、連携、協力を促し、積極的な臓器移植の普及啓発活動を行います。



他団体、個人に積極的に協力、支援します。

当協会は、臓器移植に関する市民公開講座、移植フォーラム、セミナー等の企画立案、実施を支援し、適任の講師を派遣します。

 地方行政、臓器(腎臓)バンク、患者団体は、臓器移植の普及啓発活動に理解があり、常々臓器移植の普及啓発活動を何かしたい、一般市民に情報提供がしたい等々の思いを抱いていることでしょう。しかし何をしたらいいのか、何方に話をしてもらったらいいのか、その方法に、常に悩んでいる方々も多いと思います。そこで私たちの知識と経験を活かし、そのイベントの企画を支援するとともに、そのテーマにあった講師の派遣を援助します。

 

私たちの仲間には、移植者、患者団体関係者、ドナーファミリー、提供医師、移植医師、コーディネーター等様々な経験豊富な人たちがいます。この人たちをご紹介します。

その他の事業

1. 「教育セミナー」の開催事業。

 

小中校の教師を対象とした「いのちの授業」の実践的セミナーを全国各地、年間2ヶ所で開催します。



2.  臓器移植に関する市民公開講座、移植フォーラム、セミナー等の企画立案、実施支援及び講師の派遣事業。

 

 本年10月(臓器移植推進月間)に患者団体、日本移植学会など関連医学会、移植関係団体と連携、協力を促し、市民フォーラムを開催します。

 その他、地方行政、臓器(腎臓)バンク、患者団体等のイベントの企画を支援するとともに、そのテーマにあった講師の派遣を援助します。


3.  臓器移植に関連する組織のネットワークを構築する事業

 臓器移植の関係者(患者、医師、市民)と協力関係深め、ネットワークを再構築し、停滞する臓器移植を打破し、大きく推進する力としたいと思います。