臓器移植とは?

臓器移植とは、様々な原因により臓器が機能不全となり、移植でしか治療することができなくなった時に行なう医療です。なお移植医療には、臓器移植の他に皮膚や骨、心臓弁など組織の移植と骨髄移植などの造血幹細胞移植などがあります。

臓器移植には、提供するドナー(提供者)が必要です。臓器提供には、生きている方からと亡くなった方からの二つの方法があります。生きている方が提供できる臓器は、日本でも、世界でも最も多い腎臓と日本で特に多い肝臓、肺そして膵臓があります。

腎臓は誰でも二つ持っていて、一つでも普通の生活を送るに支障がないことから片方の腎臓を提供します。肝臓は二つに切り分け移植をします。肝臓は再生作用が強く、支障のない大きさに戻ります。肺は二人の人から少しずつ提供を受けます。なぜなら肝臓と違い再生しないからです。

亡くなった方から提供を受ける臓器に、心臓、肝臓、肺、腎臓、すい臓、小腸などがあります。199710月、臓器移植法が施行され、日本でも脳死での提供による移植が可能となりました。なお臓器提供には心停止後にできるものもありますが、脳死でしか提供できないのは心臓、肝臓、肺、小腸などです。臓器移植法制定以前は、心停止後に腎臓が提供されていました。

臓器や組織の提供は、物質的には全く見返のない善意に基づいた行為なければなりません。そして提供する、しないは誰からも強制されるのでなく、自己の選択によって決定されなければなりません。また移植を受けるか受けないかも患者さんが医師のインフォームドコンセントに基づき決定することです。ある人が提供者となることを希望し、移植を必要とする患者さんが移植を受けることを希望することから初めて移植医療が始まります。